分析機器

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
前の10件 1 2 3 4 5 次の10件
超音波顕微鏡

超音波顕微鏡 /(株)日本レーザー

超音波顕微鏡(超音波映像装置)“Vシリーズ”は、頑丈・安定・ハイエンドという従来機のコンセプトは維持し、さらに高いレベルを目指して開発され、半導体ウェハ、LEDに特化したインラインモデルもラインアップしています。 従来機の約1.5倍の高速スキャン機構を備え、高SNでの撮像を実現した新デザインプローブおよび新型アンプを採用し、ソフトウェアも使い易く、オプションのマルチプローブシステムも選択可能です。

>>詳しくはこちら
 
Vantage社SlurryScope

Vantage社SlurryScope /横河フィールドエンジニアリングサービス(株)

SlurryScopeは従来の測定器にはない画期的な特徴を備えたCMP向けリアルタイム連続スラリー粒子モニタリングシステムです。半導体製造装置CMP工程でマイクロスクラッチの要因となる粗大粒子の検出やスラリーの良否判定、品質管理等に用いられています。またシリカやアルミナ等の砥粒を純水や有機溶剤に混ぜ Large Particle Countの差で良否判定する用途にも利用されています。

>>詳しくはこちら
 
近接場光学顕微鏡 alpha300S

近接場光学顕微鏡 alpha300S /WITec(株)

世界で唯一、探針先端に微小開口をもったAFMカンチレバをもちいた近接場光学顕微鏡です。独自の製法により精密な開口径と、AFM測定による安定した表面形状像を得ることができます。透過/反射/コレクションモードに対応し、さまざまな試料に対応できます。高度にモジュール化されており、簡単に分光器を追加することができます。

>>詳しくはこちら
 
スパーク放電固体発光分光分析装置技術セミナー

スパーク放電固体発光分光分析装置技術セミナー /オックスフォード・インストゥルメンツ(株)

当セミナーでは、新商品の卓上型スパーク放電固体発光分光分析装置FOUNDRY-MASTER Xpertの紹介に加え、可搬型発光分析装置PMI-MASTER PROの新機能リン・硫黄分析プローブUVTouchの有用性を説明いたします。参加費は無料です。

>>詳しくはこちら
 
Cypher 世界最高分解能の原子間力顕微鏡システム

Cypher 世界最高分解能の原子間力顕微鏡システム /(株)アサイラム テクノロジー

Cypher(サイファ)システムは、ACモードで”世界初の真の原子分解能”を達成した原子間力顕微鏡です。原子が見えるほど超低ノイズの測定が、容易にできます。高分解能測定はドリフトがつきものですが、Cypherでは測定周辺環境の温度を±0.1℃に維持するコントローラを装備し、ドリフトを排除しています。また10-30μm長のスモールレバーも使用でき、高速スキャン、更なる低ノイズ測定も実現しています。

>>詳しくはこちら
 
RAMAN-11(レーザーラマン顕微鏡)

RAMAN-11(レーザーラマン顕微鏡) /ナノフォトン株式会社

RAMAN-11は、培養細胞などの生態試料を生きたまま非染色で観察する次世代レーザー顕微鏡です。ラマン分光技術により細胞内の小器官やタンパク質がどんな分子で構成されているのかを知ることができます。生体細胞の分子そのものから発生するラマン散乱光を観察するため、染色に頼ることなく、分子自身の色でイメージングできます。

>>詳しくはこちら
 
高輝度電子銃

高輝度電子銃 /(株)オメガトロン

新開発の電子銃は高輝度なビームを発生する事が出来、グラファイトの表面でさえも良好なRHEEDパターンを得る事ができます。

>>詳しくはこちら
 
密着強度分析装置

密着強度分析装置 /ヤーマン?

本装置は従来の電子デバイスのみならず近年研究開発競争が激化するエネルギー関連や医療用デバイスでは各種薄膜技術が益々多様化し高度化する中、これら薄膜の重要物性である密着強度の定量的測定やその使用環境における信頼性や耐久性を数値化し保証することは大変重要であります。本装置はそのご要求を達成する唯一の手法として認知され、事実上の業界標準として普及が始まっています。

>>詳しくはこちら
 
スピン偏極イオン散乱分光装置

スピン偏極イオン散乱分光装置 /?オメガトロン

この装置により既存の手法では分析が困難であった表面・界面のスピン状態(磁気構造)分析が可能となります。用途としては、HDD、MRAM(TMR、GMR)、磁気デバイス等のスピントロニクス、新規触媒の開発等です。この新規表面分析で新たな知見を得、研究開発に貢献します。デモ測定も承っており、スピン偏極イオン源、イオン散乱分光装置(ISS)だけでの販売も可能です。

>>詳しくはこちら
 
顕微フォトルミネッセンスマッピングシステム PLMicro

顕微フォトルミネッセンスマッピングシステム PLMicro /ナノメトリクス・ジャパン株式会社

Waterloo社で生まれたこの技術は、PHILIPS,ACCENT,NANOMETRICSと受け継がれ、多くのユーザーにご愛好いただいております。RPM2000やVerteXとは異なり、極微小領域のマッピング測定を得意としている装置です。研究からプロダクション、幅広くご使用いただける装置です。

>>詳しくはこちら
 
[an error occurred while processing this directive]

[an error occurred while processing this directive]