[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件
チタンサファイアレーザ励起用 低ノイズグリーンレーザ

チタンサファイアレーザ励起用 低ノイズグリーンレーザ /コヒレント・ジャパン(株)

Verdi G12(出力:12W)、Verdi G15(出力:15W)、Verdi G18(出力:18W) は、従来のVerdiシリーズと比べレーザヘッドの大きさがわずか40%と小さく、214 mm x 98 mm x 68 mmとコンパクトな設計ながら、低ノイズ、低ランニングコスト、長寿命などの多くの特長をもち、特に、リニア垂直偏光((>100:1)、優れたモード質(M2<1.1)、<0.02 % rms (10 Hz?100 MHz)の超低ノイズを実現している。さらには、期待寿命(MTTF) 50,000時間を超える励起ダイオードの高信頼性により、長期保証(2年ないし10,000時間)を実現した。

>>詳しくはこちら
 
完全ハンズフリー 超短パルス フェムト秒レーザ Vitara(ヴィタラ)

完全ハンズフリー 超短パルス フェムト秒レーザ Vitara(ヴィタラ) /コヒレント・ジャパン(株)

Vitaraは、< 12 fs以下のバンド幅にて平均出力 > 425 mWを発振させることが可能な超短パルスTi:Sapphireレーザです。コンピュータ制御の為、完全ハンズフリーでバンド幅(パルス幅)や中心波長を広範囲に渡ってチューニング(可変)出来る大変柔軟な自動システムです。

>>詳しくはこちら
 
高出力エキシマレーザVYPER™

高出力エキシマレーザVYPER™ /コヒレント・ジャパン(株)

次世代フラットパネルディスプレイ用低温ポリシリコン(LTPS)は、高精細のスマートフォンやタブレットPCに使用されており、低消費電力で軽量な液晶ディスプレイ(LCD)や有機EL(OLED)ディスプレイを製造する上で重要なコンポーネントになっている。

>>詳しくはこちら
 
単一周波数 全固体OPSLブルー/グリーンレーザ

単一周波数 全固体OPSLブルー/グリーンレーザ /コヒレント・ジャパン(株)

488 nmと532 nmの2波長の単一周波数モデルSapphire SFをリリースした。いずれも単一縦モード発振で、1.5 MHz以下の線幅を実現する。 488 nmと532 nmの両モデルは、波長と出力を除き、同寸法、同機能で設計されており、空間モードTEM00(M2<1.1)やビーム位置安定性(<5 ?rad/℃)など、ビーム特性に優れている上、高出力安定性(<2%)や低ノイズ(<0.25% rms (20 Hz to 2 MHz)等の特長を持つ。

>>詳しくはこちら
 
米Ocean Optics社製品の専門サイト!

米Ocean Optics社製品の専門サイト! /オーシャンフォトニクス(株)

オーシャンフォトニクス株式会社は、『米Ocean Optics社製品の専門サイト』を開設しております。同社製品のほぼ全てを網羅し、詳細情報を提供いたします。

>>詳しくはこちら
 
スペクトロゴン社製 回析格子

スペクトロゴン社製 回析格子 /コーンズ テクノロジー(株)

スペクトロゴン社のイオンエッチド・ホログラフック回折格子は、極めて低い迷光特性、高い回折効率などの際立った特性により、世界中の研究施設で広く使用されております。豊富な標準品に加え、不等間隔型や斜入射型のカスタム仕様にも対応しております。

>>詳しくはこちら
 
小型マルチチャネル分光器

小型マルチチャネル分光器 /コニカミノルタオプティクス(株)

米国B&WTec社のマルチチャネル分光器。UV域から近赤外までカバーします。OEMでの対応も行っております。

>>詳しくはこちら
 
波長552 nm 全固体OPSL

波長552 nm 全固体OPSL /コヒレント・ジャパン(株)

Sapphire 552 LPは、フローサイトメトリー、コンフォーカル顕微鏡やドラッグディスカバリーなどのバイオ応用向けに開発された。552 nmは、バイオ分野で多く用いられている波長532 nmと568 nmの中間の波長であるため、混合することなく、同時に検出できる蛍光物質の数を増やしたいというニーズに応える理想的な発振波長です。

>>詳しくはこちら
 
コントローラ内蔵 超小型ヘッド CWレーザ(紫外/可視/近赤外)

コントローラ内蔵 超小型ヘッド CWレーザ(紫外/可視/近赤外) /コヒレント・ジャパン(株)

新製品OBISシリーズは、ダイレクトダイオード技術と光励起半導体レーザ(OPSL)技術をベースにし、最先端の超小型部品を採用しています。従来のレーザは、ヘッド、コントローラ、ケーブルで構成されていましたが、OBISは制御機能を全てヘッドに内蔵し、超小型サイズを実現しています。紫外?近赤外までの7波長モデルを最大100 mWまでの出力レベルでリリースいたしました。OPSL固有の特長である波長選択性により、マーケットニーズに応じ、新しい波長モデルの製品化も予定しています。

>>詳しくはこちら
 
発光量子効率測定装置

発光量子効率測定装置 /?システムズエンジニアリング

LED・O-LED等の蛍光体材料の量子効率測定システムです。積分球を用いた簡便な装置構成で精度良く測定ができます。

>>詳しくはこちら
 
[an error occurred while processing this directive]
前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件

[an error occurred while processing this directive]