[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]
前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件
小型設計 産業用全固体パルスUVレーザ

小型設計 産業用全固体パルスUVレーザ /コヒレント・ジャパン(株)

GaN LED製造等におけるサファイア基板スクライビングのような、コストパフォーマンスが重要視される用途向けに開発された。AVIA 355-5は、繰返し50 kHz時、5Wを出力するQスイッチNd:YVO4レーザで、150 kHzまでの高繰返し設定が可能である。また、短パルス(<20 nsec @ 5W)が高繰り返し周波数動作で実現できるため、熱影響(HAZ)を最小限に抑えた高スループット加工を実現する。

>>詳しくはこちら
 
ダイ/フリップチップボンダーM-90

ダイ/フリップチップボンダーM-90 /ハイソル?

カメラ上下2台設置。チップアライメントマーク、バンプ、パッド、外形などによりアライメント。高精度にボンディングを実施。デバイス品種、材質やボンディング工法に制約のない汎用型の簡易フリップチップボンダー。

>>詳しくはこちら
 
多波長可変光源ELS?VIS

多波長可変光源ELS?VIS /(株)ニコン

ユーザーご自身が思いのままに、光の色や分光分布を非常に簡単にデザイン出来る光源が此処に誕生しました。Nikonが持つ分光技術を発展させ、完成したプログラマブルフィルターを用いることにより、光を自由自在に操ることが可能になりました。
【アプリケーション】
●色彩評価(ディスプレー、印刷、カメラ、自動車、塗料、化粧品)
●物性評価(太陽電池、CCD/CMOS、光触媒、蛍光物質)
●基準光源(内視鏡、顕微鏡、LED、有機EL、D光源)

>>詳しくはこちら
 
UV照射器 UV-3Hシリーズ

UV照射器 UV-3Hシリーズ /カンタムエレクトロニクス(株)

LEDを用いたUV-3HシリーズのUV照射器は従来の円形のスポット型照射器と異なり、四角形のスポット形状である。サイズは8×54mm、17×32mmの2機種がラインアップされている。特に、トップハットの照度プロファイルにより、広い面積をより均一に硬化することが可能となり、精度の高い接着を実現した。なお、お客様のご希望により特注対応も行っている。

>>詳しくはこちら
 
G1+レーザシステム

G1+レーザシステム /カンタムエレクトロニクス(株)

G1+レーザシステムは、従来の固体レーザ、ファイバレーザの弱点を克服するため、ユニークで革新的な機構を搭載した完全空冷のファイバアンプレーザ。

>>詳しくはこちら
 
Sapphire<sup>TM</sup>561

SapphireTM561 /コヒレント・ジャパン(株)

この新型イエロー発振モデルは、バイオ応用装置等で10,000台以上の導入実績を誇る、独自の光励起半導体(OPSL)技術を採用したSapphire 488シリーズと同様の設計コンセプトで製品化されている。そのため、その信頼性はもとより、大量生産へのスムーズな移行やサプライチェーンの共有によるコストメリットが提供できるばかりでなく、高出力化による装置のSN比の向上や高スループット化が低コストの基に実現できる。またSapphire 561は、既に100 mWまで高出力化が図れているバイオレット光(405 nm)とブルー光(488 nm)、そしてUV光(355 nm)と組み合わせて、フローサイトメトリーやコンフォーカル顕微鏡等のバイオ応用装置のさらなる高スループット化に貢献する

>>詳しくはこちら
 
Verdi IR 25

Verdi IR 25 /コヒレント・ジャパン(株)

Verdi IR 25は、10年以上の実績を誇るVerdiグリーンモデルと同じリング共振器構造を採用し、縦単一周波数、低ノイズ(<0.04% rms)、狭線幅(<2.5 MHz FWHM)、60 m以上に及ぶコヒレント長を特長としている。またピエゾ共振ミラーにより、出力される縦単一周波数を>3.2 GHzに変調でき、必要に応じて外部レファレンスキャビティへロックすることもできる。なおピエゾ制御幅は、DC?20 kHzである。

>>詳しくはこちら
 
Paladin<sup>TM</sup> Advanced 10W/16Wモデル

PaladinTM Advanced 10W/16Wモデル /コヒレント・ジャパン(株)

このPaladin 355 nmシリーズは、独自の半導体チップ(SBR)を採用し、80MHzの高繰返し周波数でモードロック(擬似CW)発振する、高出力(Wクラス)UVレーザである。既にプリント基板直接描画装置、フラットパネル及び太陽電池(ソーラーセル)などの微細加工、半導体非破壊検査(ベアウェハやパターン付きウェハ)、工業用印刷(CTPやフレキソグラフィ等)の応用分野において、多数の搭載実績を誇る。

>>詳しくはこちら
 
HB-diode laser system

HB-diode laser system /コヒレント・ジャパン(株)

HB-diode laser system は、モジュール化の柔軟性と400W出力(@波長976 nm)を兼ね備え、ターンキー操作が可能なLDシステムである。この製品は、1個?4個のダイオードモジュール(各100W出力、ファイバー径200μm)から構成され、100W?400Wの出力が個々にもしくはバンドルされてファイバー伝送される。また産業用途で求められるNA0.22、19インチラックマウント、空冷、同軸への可視ガイド光等を備えている。さらにコヒレント社独自のエピタキシャル構造やパッケージング技術により、産業レベル耐用のMTTFを達成し、長寿命を実現する。

>>詳しくはこちら
 
HighLight<sup>TM</sup>1000F

HighLightTM1000F /コヒレント・ジャパン(株)

HighLight 1000Fは、kWクラスのLDアレーをファイバーコア径 600μm (NA 0.22)に結合し、発振波長975 nmにおいて、ファイバー端出力1 kWを実現した、産業用高輝度ダイレクトダイオードシステムである。ファイバーカップリングにより、光学ヘッドまでの光伝搬を行うことで、装置における柔軟な可搬性を実現した。また独自のマイクロチャンネル冷却技術を採用し、高信頼性を実現、20,000時間以上に及ぶメンテナンスフリー連続動作を可能にした。さらにはダイオードアレーや循環冷却ユニット等はモジュール化されており、フィールドでの簡易交換が可能である。

>>詳しくはこちら
 
[an error occurred while processing this directive]
前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件

[an error occurred while processing this directive]